睡眠薬の使用方法

睡眠薬を服用する時には、その使用方法が非常に大切です
服用方法が正しくないと、睡眠薬の効果が正しく現れないことがあります

人間には誰でも体に本来備わっている睡眠のリズムというものがあります
睡眠障害を抱えている人でもこの睡眠のリズムは働いています
このリズムを大切にしながらうまく睡眠薬を使用することが一番です

睡眠薬とは、飲んだらすぐに眠くなるという様なものではありません
どれだけ即効性がある睡眠薬でも、最低30分くらい眠気がくるまでかかります
しかしこの体のリズムにうまく乗ることができずに、ちょうど眠気が来たときに体を活動させていると、眠気が飛んでしまって次のリズムがくるまで眠れなくなってしまうことがあります
次の眠気リズムまで(普通はそ約90分)眠れなくなってしまうのです

睡眠薬の種類によっても違いますが、睡眠の持続性が高い薬になると、その効果が体に現れるまでに1時間から1時間30分ほどかかってしまうものがあります
ですから自分の睡眠障害のタイプや体質に合った睡眠薬を使うことが大切になります

また睡眠薬の服用の際には他の薬との飲み合わせも気をつけなくてはいけません
睡眠薬と一緒に、アトピーや花粉症などの薬として用いられる抗ヒスタミン剤を飲んでしまうと効果が強くなりすぎてしまいます
グレープフルーツも睡眠薬の効果を強くするので注意が必要です
グレープフルーツ自体やこれを使ったジュースや食べ物などを睡眠薬と一緒に摂取するのはやめたほうが良いと思います

医師から睡眠薬の処方をしてもらうときには、必ず自分が服用している薬の名前と種類を伝えておくようにしましょう

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2012 睡眠薬で快眠. All rights reserved