睡眠薬の種類

眠薬を作用時間で分類した場合の、具体的な商品例を紹介します

・超短時間作用型
  超短時間とは、睡眠薬の効果持続時間が2~3時間程度のものを指します
  これらには商品名を「ハルシオン」という「トリアゾラム」や商品名「マイスリー」の「ソルビデム」、商品名「アモバン」という「ゾピクロン」があります
  これらの睡眠薬は、服用後にもうろう状態が現れる事があります

・短時間作用型
  有名なものでは商品名「デパス」の「エチゾラム」や商品名「レンドルミン」の「プロチゾラム」、また商品名「エバミール」の「ロルメタゼパム」などがあります

・中時間作用型
  睡眠薬としての持続効果が5~6時間のものです
  商品名「ベンザリン」の「ニトラゼパム」や商品名「エリミン」の「ニメタゼパム」や商品名「ユーロジン」の「エスタゾラム」、さらに商品名「イソミタール」の「アモバルビタール」や商品名「エスクレ」の「抱水クロラール」などがあります

・長時間作用型
  長時間というのは、睡眠薬の持続効果が6時間以上のものを指します
  精神神経科等で持続睡眠療法に使う持続性の強い熟眠剤です
  商品名「ダルメート」の「フルラゼパム」や、商品名「フェノバール」の「フェノバルビタール」、商品名「ドラール」の「クアゼパム」、商品名「ソメリン」の「ハロキサゾラム」などがあります
  この中で「フェノバルビタール」は抗てんかん剤や鎮静剤として用いられています

どの睡眠薬も服用時には、飲酒によって効果が通常よりも増強されてしまいます
睡眠薬の服用の際には注意してください

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2012 睡眠薬で快眠. All rights reserved