睡眠薬の選び方

夜、寝付けなくて困ったり、眠ってもすぐに目が覚めてしまったりするときがあると思います。
一種の睡眠障害ですね。
そういう時に症状を改善してくれるのが睡眠薬です。
しかし睡眠薬は薬ですので、服用に当たってはリスクがあるということを認識しておく必要があります。

不眠症にも人によって色々な状況があるので、その症状や体の状態にあった睡眠薬を選んで正しく使うことが非常に重要です。
正しい用法でないと、効果が発揮されなかったり、副作用が表れて困ることになります。
睡眠薬に対して正しい知識を持つ様に心がけましょう。

睡眠薬を選ぶポイントとして、まず自分の症状を把握して、それにあったタイプのものを選ぶことが大切です。
症状にあった睡眠薬を選ばなければ全く意味がないです。

例えば、夜中に何度も起きてしまうという中途覚醒の症状がある人が、即効性で短時間しか効果のない睡眠薬を飲んでも意味がありません。
即効性で短時間の効果というタイプは、寝つきの悪い人にはあっていると思います。

症状別に不眠を見ていくと、だいたい以下のパターンに分けられます。
・寝つきの悪い入眠障害タイプ
・夜中に何度も起きる中途覚醒タイプ
・朝早く目が覚めてしまう早朝覚醒タイプ

自分がこれらの症状のうちのどれなのかを良く考えて、症状にあった睡眠薬を選ぶようにしてください。
睡眠薬の作用時間について分けると、短時間型、中時間型、長時間型となります。
眠れない場合は短時間型で即効性を求めて寝つきをよくし、中途覚醒の人には中時間型のように効果がゆっくり現れるものを選びます。

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2012 睡眠薬で快眠. All rights reserved