ベンゾジアゼピン系

現在の睡眠薬は、「ベンゾジアゼピン系」といわれているものです
これらの睡眠薬の効果としては鎮静作用や、抗不安、抗けいれん作用、筋弛緩作用などがあります
睡眠薬の種類によりこれらの睡眠作用の効果に違いがあり、使われ方も違います

これらの睡眠薬は、脳の中枢神経の睡眠中枢や覚醒中枢に直接働きかけるというものではありません
人間の感情である不安や怒りなどをコントロールしたり、人間の本能である食欲や性欲などをコントロールしたりする脳の部分に働きかけを行います
そして感情や本能を抑制して心身の緊張感を和らげるので、結果k的に眠気を誘うというものです

バルビタール系の睡眠薬のように即効性のある効果はありません
そのかわり体の呼吸器系への抑制効果は低いので、体に対しての安全性は高くなります

しかし問題点がないわけではありません
それは薬による副作用が多少は現れるということです

睡眠薬の使い方や服用する量によっては、体がふらふらしたり、健忘があらわれたり、薬の効果が切れても眠気が持続するといった様な副作用が見られることがあります
薬を使う上で多少の副作用はどうしてもあります

ただ医師と相談して、自分の体や症状にあった適正な服用をして、副作用があらわれないように、最低でも軽い症状ですむようにしたいものです
決して自己判断で飲まないようにしましょう。

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2012 睡眠薬で快眠. All rights reserved