バルビタール系睡眠薬

不眠症で悩んでいる人の多くは一度は睡眠薬の服用を考えた事があると思います
不眠症で悩む人の一番の願いは、気持ちよく眠って気持ちよく目覚めることではないでしょうか
しかし一度でも睡眠薬を使うと、永久に睡眠薬を飲まないと眠れなくなるのではないかという睡眠薬への依存を気にしたり、副作用を気にする人が多いことも事実です

このような睡眠薬のイメージが出来てしまったのは、昔良く使われていた「バルビタール系」睡眠薬です
昔は「バルビタール系」睡眠薬が睡眠改善に効果があるとして利用されていました

このバルビタール系の睡眠薬には即効性と睡眠作用が強いのが特徴です
しかし多くの問題点もありました

一番大きな問題点は睡眠薬に依存してしまうという事です
まず精神的に睡眠薬がなくては眠れないという気持ちになり、睡眠薬依存を引き起こしてしまうのです
そのため使用者は睡眠薬を飲み続けなければならないという不安を持ってしまいます
さらに服用すればするほど体に耐性が出来るので、徐々に薬の量を増やしていかなければ効かなくなって来ます
体に対しても呼吸器系の抑制力が強すぎるという問題点もありました

このような問題点がある事がわかってから、睡眠障害の治療薬としてバルビタール系睡眠薬が使われることはほとんどなくなりました
バルビタール系の睡眠薬は効果はあっても使い方が極めて難しいのです
しかしこの薬のイメージが強くて、今でも睡眠薬を服用することに不安や抵抗感を示す人が多いのです

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2012 睡眠薬で快眠. All rights reserved