睡眠薬の持続性

市販の睡眠薬の効果とその効果の持続性について考えて見ましょう。

即効性がある睡眠薬は短時間型あるいは超短時間型です。
これらは、睡眠効果が現れるのがとても早いのですが持続性はあまりありません。
ですから翌日まで眠気が続くということはありません。
ただし、中時間型や長時間型に比べると健忘症がひどくなるということがあります。
また、服用を中止した時に服用以前よりも不眠症状が悪化しているケースもあります。

中時間型や長時間型の睡眠薬は作用時間が長いため、翌日まで眠気が続くことがあります。
そのため、日中に眠くなくても体に運動機能障害が出ることがあります。
ただし短時間型のように、服用を中止した時に不眠症状が悪化することはありません。

市販の睡眠薬は、一般的に抗ヒスタミン剤が使われています。
抗ヒスタミン剤は血管拡張作用があるので、風邪薬やアレルギーの薬にも使われていますが、中枢神経系に作用して眠気を引き起こすという点を利用したのが睡眠薬です。
この市販タイプの薬は、本来は効果の持続性はあまりありません。
ですから、寝つきが悪いという入眠障害タイプの人には一時的に効果がありますが、慢性的な不眠には適しません。

市販の睡眠薬を1ヶ月程度使っても症状が改善されない場合は、医師の診断を受けて睡眠薬を処方してもらうべきです。

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2012 睡眠薬で快眠. All rights reserved