睡眠薬の注意点

睡眠薬に限らずどんな薬においても基本的な注意点があります。

それは、自分が処方された薬を他人にあげないようにするという事です。
逆に相手がくれるといっても薬をもらってはいけません。
特に睡眠薬の場合は、たとえ家族や大切な友人でも、不眠で悩んでいるからと言われて自分の睡眠薬をあげてはいけません。

睡眠薬は専門医に処方してもらうと思いますが、違う種類のものがたくさんあります。
病院では、その人の症状や睡眠のリズムや、体のホルモンバランスまで考えて一番最適な睡眠薬を処方しています。
他の人がこの薬を服用すると、効果が強過ぎたり、副作用が出たり、逆に効果がなかったりします。

睡眠薬の処方は医師が患者の体の状態や症状をみて処方していきます。
しかしぴったり100%体にあう睡眠薬がすぐに見つかるとは限らないのです。
少しずついろんなタイプを試して効果をみることになります。


睡眠薬を使っていて副作用が出てしまったら、その時点ですぐに服用をやめましょう。

薬の量を調節したり睡眠薬の種類を変更したりして様子を見てください。
睡眠薬を飲んでいる間は、少しでも自分の体に変化が生じたら、必ず医師に伝えることが必要です。
副作用は人それぞれで、体質や体調などによって異なります。
ですから服用中に小さな症状でも現れたら、それは睡眠薬の副作用の可能性があるので、すぐに医師に伝えましょう。

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2012 睡眠薬で快眠. All rights reserved