主な睡眠改善薬

薬局で販売されている睡眠改善薬にはいくつも種類があります

どれでもあまり効果は変わらないと言われます
しかし、睡眠薬には色々な種類がありますから購入の際には症状と体質などを薬剤師に相談して自分に合ったものを買うと良いでしょう

不眠の原因としてただ寝つきが悪いというだけではなく、他の病気が起因して起こることもあります
他の病気による不眠や、重度の不眠の場合は病院できちんと医師の診断を受けることをおすすめします
薬局で販売している睡眠薬はあくまでも、寝つきが悪いとか眠りが浅い等の軽度の不眠に対してのものだと考えてください

代表的な睡眠改善薬をいくつか紹介します

「ウット」伊丹製薬
頭痛や精神の興奮状態を鎮静化する作用があります
9錠入りと12錠入りの薬が販売されています
15歳以上が1回1錠で、1日1回から3回の服用です

「アロパノール」全薬工業
神経症や不眠症などに効果があります
63錠入りと147錠入りの薬が販売されています
15歳以上が1回7錠で、1日1回から3回の服用です

「レスティ錠」大正製薬
神経が興奮状態であったり、気持ちがふさいでいたりして不眠状態にある人に対して効果が期待できます
72錠入りと150錠入りの薬が販売されています
15歳以上が1回6錠で、1日1回から3回の服用です

「ドリエル」エスエス製薬
一時的な不眠や寝つきが悪いときに効果を発揮します
6錠入りと12錠入りの薬が販売されています
15歳以上が1回2錠で、就寝前に服用します

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2012 睡眠薬で快眠. All rights reserved