睡眠薬の副作用

眠薬には副作用があります。
使用状況や個人差がありますので、誰でも当てはまるわけではありません。

例えば、昼間、眠気や疲労感に襲われます。
前日の夜に飲んだ睡眠薬が翌日まで効果を持ち越すことが原因です。

また、筋肉の弛緩がおこります。
睡眠薬の中には体全体の筋肉の緊張をほぐすという作用があります。
そのために筋肉が弛緩して、転倒したりすることがあります。

睡眠薬を飲むと精神的にも肉体的にも機能が低下するので、注意力や集中力が低下したり、反射能力が低下することがあります。
睡眠薬を飲んで車の運転をする事は危険ですから絶対にやめてください。

記憶障害を起こすことがあります。
この症状は、(超)短時間作用型の睡眠薬をアルコールと一緒に服用すると現れます。
睡眠薬を飲んでいるときアルコールは飲まない様にしましょう。

また無呼吸症候群(睡眠中に呼吸が止まることがある)の人は、睡眠薬を服用することでその症状がひどくなることがあります。
決して睡眠薬を飲まないようにしてください。

いずれにしても、医師の指示に従って睡眠薬を服用するようにしてください。
睡眠薬には「依存症」という怖い症状もありますから。
とにかく自分の判断で服用方法や服用量(回数)を増やしたりしないことが大切です。

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2012 睡眠薬で快眠. All rights reserved