自分に合った睡眠時間

一般的には1日に6時間から8時間くらい寝ている人が多いと思います。
ただし、この時間はあくまでも統計の結果であって、皆に当てはまるわけではありません。
また、睡眠時間の長短と満足できる睡眠とは切り離して考えるべきです。
要するに朝起きた時に気持ち良く目覚められれば、快眠だと言えると思います。
寝つきの問題や睡眠の深さが実際にはキーなのですね。

では、自分に合った睡眠時間を測ってみましょう。
睡眠に必要な時間を調整しているのは脳の中枢部分だと言われています。
簡単に睡眠時間を測れる方法を紹介します。

先ず毎日起きる時刻を決めます。
例えば、毎朝7時に起きると仮定しましょう。
その上で寝る時刻を毎日1時間ずつ、ずらしていきます。
最初の日は10時に寝ます。
朝7時まで9時間ですね。
すぐに寝付けなくても自分のペースを測るので問題ありません。
次の日は11時に寝て、その次の日は12時に寝ます。

そのうえで、毎朝自分の体調がどういう状況か確認します。
すっきり目覚めたかどうか。
眠気は有るのか無いのか。
こうして自分に一番合っている睡眠時間帯を見つけてください。

もっと細かく測ってみたいなと思ったら、スマホのアプリを利用すると良いでしょう。
寝ている間、枕の隣にスマホを置いておくだけで睡眠の深さを測れます。
これは便利ですよ。

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved