寝室の照明について

寝室の照明については気を使うことをお勧めします。
普段はどんな照明の中で眠りについていますか?

快眠を得るためには照明も大きな役割を果たします。
居室と寝室が同じ場合は、照明は蛍光灯である事が多いと思います。

ホテルの部屋を思い浮かべてみると、暖かい感じの色合いの白熱灯を使っている所が多いですね。
たかが照明と思うかもしれませんが、意外と照明は快眠に影響するものです。
蛍光灯の様な白っぽい明りですと身体が日の光と勘違いして起きる様にしてしまうらしいのです。
それはまずいですね。
もしそれが原因で睡眠障害にでもなったら、とんでもない事です。

寝る時には照明を消してしまうので関係ない、と思う方もいるかもしれません。
でも寝る前の短い時間でも暖かい照明を感じる事で心身ともにリラックス出来ますよ。
快眠しやすくなると思います。
そう考えてみると照明が睡眠に結構影響しているということを感じることが出来ると思います。

また明かりの位置も重要だそうです。
低い位置の照明は、心理的に見て安心感を与えてくれるそうです。
確かにベッドの足元に暖かい色の明かりがあるとリラックス感が増しますね。

もし寝室の照明について考えようと思ったら、是非照明を暖かい色の物に変えてみて下さい。
きっと快眠が得られると思います。

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved