布団選び

睡眠障害の一因として、寝室の環境問題があります。
寝やすい環境を意識して作る必要があるかもしれません。
そのひとつが布団選びです。
気持ちよく寝るために布団は大きな要素となります。

布団選びは一言で言えば自分の身体に合っているものを選択するということです。
もし今寝ている布団が硬いと思っているなら改善方法があります。
布団の上に薄いベッドパッドを敷いてみると良いですよ。
身体の重さが布団に分散されることになり、硬さを和らげて気持ちよく眠ることが出来ます。
掛け布団に関しては羽毛や羊毛の様な軽めの掛け布団が良いでしょう。

布団を購入する際は、実際に布団に触って必ず自分自身で感触を確かめてから購入を決めましょう。
テレビの通販やネットでの購入はやめたほうが良いでしょう。

また寝返りについて言うと、長時間同じ体勢で寝ていると、血流が悪くなるので、寝返りは自然とそれを防ぐ為のものです。
まったく気にする必要はありません。
平均一晩に50回寝返りとしているという説もあります。

冷え性の方で靴下を履いて寝ないと眠れないという話を聞きますが、靴下を履いて寝るのはやめたほうが良いです。
なぜなら、寝ている間は足裏から汗をかいて体温調節をしているからです。
また靴下は足首を締め付けますから血流が悪くなって、かえって足先を冷やしてしまいます。
足が冷たいときは湯たんぽが一番です。

気になる点があって眠れないと思うところを改善してみてください。

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved