良い快眠とは

良い快眠というのは簡単に言えば規則正しい生活リズムの中で生まれるものです。
誰でも毎日眠るわけですから、出来れば快眠したいものです。

夜になると眠くなって朝まで寝て目覚める、というのが一般的な睡眠パターンですね。
つまり、昼間の活動で頭や身体を使う事で、夜になると快眠が得られるという仕組みです。
快眠を得る為に一番重要な事は、規則正しい生活を送る事です。

人間の身体には一日の生活パターンがあります。
夜更かしや徹夜と言った行為は、その生活パターンを壊すので快眠を得にくくさせます。
ですから、休みの日に昼まで寝たりして「寝だめ」しようとする人がいますが、これも規則正しいパターンを狂わせるので快眠にとっては良くありません。
休みの日も普段と同じパターンが理想です。
ちょっとだけ寝坊するというレベルに抑えておいたほうが快眠を得られやすくなります。

快眠は規則正しい生活から得られますが、さらに一歩進んで能動的に快眠を得ようとするなら、寝る前に軽い運動をするという方法があります。
軽いストレッチ程度です。
こうすると代謝が良くなって、良い快眠が得られる様になると思います。

きつい運動をすると、交感神経が活発になって寝付けなくなる恐れがあります。

寝ている間でも呼吸をしているので、軽い有酸素運動をしているのと同じ事になります。
有酸素運動をすると血中の脂肪が燃焼されて、体脂肪が付きにくい身体が出来てきます。
寝る前の軽い運動は、筋肉の代謝が上がって有酸素運動を有効的なものにしてくれます。

睡眠は人間にとって大切なことです。
自然と快眠が出来る様な意識をいつも持っていることが大切です。

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved