レム睡眠行動障害(RBD)

睡眠障害の中には、寝ている間に色々な症状が現れるケースがあります。

レム睡眠行動障害(RBD)は、特に大人が問題になる症状です。
睡眠というのは、レム睡眠とノンレム睡眠に分けられます。
レム睡眠は比較的に浅い睡眠の状態で、全体の1割から2割くらいです。

夢の大半はレム睡眠の間に見ます。
レム睡眠の間は一般的には体の力が抜けた状態になります。

しかし、睡眠障害になると、何らかの原因によって、体の力が緩まなくなる事があります。
最初は、夢の中で何かに追い掛けられたり、けんかをしたりすることから始まります。
そして、1年くらい経つと、睡眠中に大声を出したり、暴力を振るったりするようになります。
夢の中での行動を、実際に行なってしまうのです。

たまに寝ている最中に起き上がる程度の軽い症状ならあまり心配はいりません。
しかし、家族や周囲の人に危害を与えるくらいにエスカレートしてくると、専門科の医師に相談して治療しなければなりません。

RBDは、よく認知症の夜間せん妄と間違えられる事があります。


RBDの治療としては、クロナゼパム(抗てんかん薬の一種)や、レム睡眠を軽減させる睡眠薬が効果的です。
クロナゼパムは、服用を始めてから1週間程度で、約8割の患者の症状が改善され、異常な行動が減少します。

この様な異常な行動がみられたら、早い時期に医師に相談することが重要です。

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved