悪夢

毎日のように悪夢に悩まされている方もいると思います
悪夢については、医学的にはまだ解明されていません

誰でも夢は見ているのに、覚えている事は少ないものです
夢の内容は様々ですが、悪夢の方が特に覚えている事が多いものです

悪夢は、病気ではないので、治療の対象にはなりません
しかし、レム睡眠の状態の時に夢を見る割合が多いので、悪夢をよく見るということは、睡眠の質が悪くなっていると考えられます

悪夢を頻繁に見る人の割合は、約5%から10%という報告があります
その原因としては、精神的なストレスやトラウマがある場合や、レム睡眠の割合が多く睡眠障害となっている場合などです
ストレスやトラウマがある場合は、レム睡眠が増えるという睡眠障害が起きるので、悪夢を見ることになります
レム睡眠が増える原因は、精神的なものとは別に、生活面にも問題があるケースが多いようです
寝室の温度や湿度等の睡眠環境が適していなかったり、生活のリズムが乱れているなどです
問題は、このような原因がはっきりと見つからない事が多いという点にあります

悪夢に対しての効果的な対策は、あまり無いようですが、原因が明確な場合は、精神療法を行うことによって効果があるようです
また、睡眠薬の多くは、レム睡眠を減らす効果がありますから、悪夢によって寝不足になっている様なら、睡眠薬の服用によって効果が出ることがあります

専門の医師に症状をはっきりと伝え、睡眠薬の処方を依頼すると良いでしょう

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved