睡眠時遊行症

睡眠障害の一種に、睡眠時遊行症(Sleep walking)というものがあります
これは、いわゆる「夢遊病」と呼ばれていますが、小児の10%以上に現れるそうです
たいていの場合は、とても深いノンレム睡眠の時に現れるので、入眠してから1時間前後に認められるケースが多いようです
発症する年齢は4歳から8歳くらいまでで、ほとんどが遅くても思春期までには見られなくなります
この様に、多くの場合は心配する必要はありませんが、てんかんなどの他の病気によって、その症状が現れている場合もあります
また、自宅以外で寝泊りする時には、事故を起こさない様に注意が必要です
症状がひどい場合には、医師に相談した方が良いでしょう

症状が現れて、遊行している時は、起こさない様にして下さい
遊行中は、とても深く眠っている状態ですから、無理に起こさないで、布団に戻してあげて下さい

睡眠時遊行症は、正常の範囲内の症状と見なされるので、症状を抑える様な薬は、ほとんどありません
その原因によっては、抗うつ薬で症状が抑えられた、というケースもあるそうです

自宅でできる対策としては、症状が現れる時間が、毎晩だいたい決まっているのなら、その15分から30分前になったら、強制的に起こす事を1週間から1ヶ月くらい続けてみてください
確実ではないですが、それで、治ることもあります

また、症状を悪化させない為に、ストレスや疲労をためない様ににしましょう
一部の薬によって、症状を悪化させるケースもあるので、薬を服用するときには、必ず医師や薬剤師に相談しましょう

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved