昼寝の役割

適度な昼寝をすると、疲労の回復につながりますし、ストレスの解消にも大きな効果があります
スペインなど昼寝の習慣がある国の人々は、日本人やアメリカ人の様に昼寝の習慣が無い国の人々と比べると、おおらかでストレスが少なく、心身共に健康な生活をしています

猫や犬などの動物を見ていると、毎日とてもよく眠る習慣がありますね
特に食事をした後は、横たわって眠っていることが多いです
実はこれと同様に、人間も、昼寝をする遺伝子を持っているのです

昼寝をするなら、15~20分がもっともよい長さです
30分以上だと、熟睡してしまい、スッキリと起きることが出来なくなります
そうすると、無理に起きた事で、とても不愉快になり、寝不足の様な感覚になります

昼寝で熟睡しないようにする為には、寝る前に、コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物を飲むと良いでしょう
昼寝をする前にカフェインを摂ることで、起きる頃には効いてきて、スッキリと目覚めることができます
理想的なのは、コーヒーなどを飲んで10分ほどリラックスし、それから15~20分程度の時間の昼寝をすることです
また、昼寝は午後3時頃までにしないと、夜に眠くなくなってしまいます

昼寝をうまく活用すれば、作業の効率が良くなったり、血圧も安定するので、生活の質が高まるでしょう
昼寝をする時間がとれる人は、できるだけ毎日習慣的に昼寝をしましょう
昼寝をする日もあれば、しない日もあるのでは、一番重要な夜の睡眠サイクルが乱れてしまいます
また、昼寝が習慣になっている方は、そうでない人と比較して、アルツハイマーが発症しにくいという調査結果も出ています

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved