不眠症予備軍の特徴

入眠するのに時間がかかるのが不眠症ですが、不眠の症状が現れない人の中にも不眠症予備軍の人もいます
どんなところでも、すぐに眠れるという人がいますが、実はこのような人が、不眠症予備軍の場合が多いです
いつでもどこでも眠ることができるということは、寝不足が原因の場合があります

正しい睡眠時間をとっている健康な人は、昼間にはそう簡単に眠ることができません
睡眠と覚醒が正常に出来ている人は、昼間は活発に脳が起きた状態なので、寝ようとしても簡単には眠ることができないのです
ところが、睡眠不足の人や不眠で悩んでいる人は、いつでも体が睡眠を必要としているので、昼間でも横になると、すぐに眠ることが出来るのです

この様な不眠症予備軍の人は、睡眠のサイクルが乱れているので、不眠の症状がすぐに出てきてもおかしくない状態と言えます
自分では、不眠症になる要素があることを、自覚していないかもしれません
しかし、不眠症予備軍である可能性は高いのです
いつでもどこでも寝られるという事は、特技なんかではないのです
本格的な不眠症になってしまう前に、自分の生活パターンを見直して、睡眠時間を増やすなどして規則正しい生活を送りましょう
そして、理想的な睡眠サイクルを身につけることが、大切なのです

健康的で適切な睡眠を摂っている人は、夜寝床についてから寝入るまでに、10分~15分くらいかかります
それくらいかかるのが正常なのです
予備軍の人は、5分もしないうちに、眠ってしまうでしょう
それは、睡眠不足が続いているという事を意味しているのです

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved