危険な子どものいびき

子どもが大きないびきをかいて寝ているのを見ると、グッスリ眠っていて安心するかもしれません
しかし、本当に健康的な子どもは、いびきをかかかないで、朝までスヤスヤと眠ります
子どもが毎日の様にいびきをかくのは、睡眠の質が悪い証拠で、身体に何らかの不調があることを訴えているのです

いびきの原因として、第一に考えられるのは鼻炎です
よくいびきをかく子は、普段から口で呼吸をしている子、鼻がよく詰まる子、歯並びが悪い子、などです
子どもは大人に比べると、もともと上気道が細いので、大人よりもいびきをかきやすいと言えます

いびきをかいているときは、体の中に十分な酸素が行き渡っていません
寝ている間には、成長ホルモンが分泌されています
特に子どもの場合には、十分に睡眠をとることによって脳が発達し、それと同時に、筋肉や骨も成長するのです
いびきによって、血中酸素が不足してしまうと、身体や精神の発達に大きな影響を与えます
また、昼間にぼーっとしてしまって、記憶力や集中力が低下する可能性があります
情緒不安定になって、友達とあまり遊ばないで家に閉じこもる様になる場合もあります

このように、子どものいびきにはとても大きな危険性が潜んでいます
いびきが悪化すると、子どもでも大人と同じ様に、睡眠時無呼吸症候群になり、最悪の場合には突然死に至ることもあります
昼間によく居眠りをする子は、夜間の睡眠時の無呼吸により、慢性的な睡眠不足の可能性があります
子どもさんのいびきや無呼吸に気がついたら、なるべく早く対策をとる必要があります
まず耳鼻科を受診するようにしてください

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved