金縛り

金縛りを経験したことのある方は、少なくないと思います
中には、金縛りを心霊現象だとか、呪われていると捉えて、恐れて眠れない方もいるでしょう
しかし、これは心霊現象などではなく、実は睡眠障害の一種なのです

レム睡眠つまり脳が起きている状態の時に、何らかのきっかけで目覚めると、自分では意識があるのに、体が思うように動かせないことがあります
こういうときは、筋肉が緩んだ状態なので、脳が体を動かすように指令を出したとしても、筋肉には伝わりません
ですから、自分の意思で身体を動かそうとしても、全然動くことができないのです
これが、金縛りです
この状態を医学的には、「睡眠麻痺」と言います
ほとんどの場合は、完全に覚醒状態になれば、筋肉が動く様になって、自分の思い通り動かすことができます

金縛りが起きやすいのは、覚醒と睡眠がうまく切り替わらない時です
たとえば、入眠する直前とか、明け方に目が覚めてしまった時などです
また、金縛りになりやすい方は、睡眠のリズムがバラバラだったり、徹夜をよくする方だといわれています
金縛りは、睡眠のサイクルが不規則な若者に起こりやすいようです
特に、睡眠不足の時やストレスが蓄積している時に起こりやすくなるようです
時差ぼけによっても、金縛りになる可能性が高まります
金縛りになりたくないと思ったら、規則正しい睡眠をこころがけることですね
規則的な生活サイクルをこころがければ、そのうちに金縛りはなくなるでしょう

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved