睡眠薬服用時の注意

睡眠薬を服用する場合には、いくつかの注意が必要です
 
糖尿病や高血圧などの疾患のある方が睡眠薬を服用する場合には、既に多くの複数の薬を服用している事が多いので、特に注意が必要です
これらの病気で処方される薬の中には、睡眠薬と一緒に服用した時に、睡眠薬の分解を遅らせて、強く作用が出てしまうケースがあります
他の薬を服用している場合は、医師や薬剤師に必ず相談してください

次は、気をつけなくてはいけない食品があります
ハーブ系のサプリメントで、セイヨウオトギリソウやセイヨウカノコソウを主成分としているものを使用するときは、医師に相談する必要があります
また、コーヒーや紅茶、等のカフェインが含まれている食品も注意が必要です
一部の健康飲料や清涼飲料にも、カフェインが含まれている事があります
カフェインには覚醒作用や利尿作用があるので、飲む量や時間に注意して下さい
また、睡眠薬を飲んでいる時には、アルコール類は飲まないようにして下さい
それぞれの作用が、より強く現れてしまうので危険な場合があります
 
また、妊娠している方は、絶対に睡眠薬を飲んではいけません
何故なら、睡眠薬は胎児に悪い影響を与える可能性があります
お母さんが妊娠中に睡眠薬を常用した為に、生まれた赤ちゃんが睡眠薬の中毒をもって生まれてきた、という報告例は少なくありません

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved