過眠症

昼間なのに、仕事中や授業中にものすごく眠くて困った事が誰でもあると思います
でも、その眠気が耐えられない程だったり、毎日続く様な場合は、病気の可能性があるかもしれません
昼間に眠くなる事と病気がつながらないで、病気だという事に気づきにくい事が多いです

睡眠障害のひとつである、過眠症( ナルコレプシー)という病気の主な症状は、昼間でも突然強い眠気がやってきて、眠り込んでしまうという、いわゆる睡眠発作です
重要な商談や試験の最中で緊張しているにもかかわらず、眠気がくる事が多かったら注意しなければいけません

また、情動脱力発作という症状が起きます
例えば、怒ったり笑ったりした時に、体中から力が抜けてしまったり、倒れこんでしまう事があります
このような症状がみられる場合や、耐えられない様な眠気が来る事が2~3ヶ月も続くときには、過眠症の可能性があるでしょう
 
過眠症は、そうなりやすい遺伝的な体質と、環境因子(ストレスなど)が重なる事で起こるようです
しかし、はっきりした原因が分からない事が多いです
また、手術をしたり外傷を受けたり、睡眠不足が長く続いた時などの、大きなストレスがかかった直後に発症することがあります

過眠症の対処法としては、夜によく睡眠をとることが一番大事です
それでも昼間に強い眠気がくる時は、内科や神経内科あるいは精神科や睡眠外来で診断を受けてください

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved