いびきと睡眠時無呼吸症候群

睡眠中は、舌や喉の筋肉が緩むので、気道が狭くなります
そして、口内のやわらかい組織が振動する事によって起こる音が「いびき」です
年齢が高くなるほど、いびきをする人は多くなり、一晩の間に一回以上いびきをかくという方は、60代では男性が60%、女性が45%だそうです
また、お酒を飲み過ぎた時や、非常に身体が疲れている時、扁桃腺炎や鼻炎の病気の時にも、いびきをかきやすくなります
 
いびき防止対策としては、色々な方法があります
あおむけで寝ると気道が狭くなり易いので、横向きに寝るようにしましょう
また、気道を確保出来る様に、高めの枕にするのも効果的です

生活習慣を見直すことも大事です
肥満気味の方はダイエットを心がけたり、お酒の飲み過ぎる方は控えめにするようにしましょう

いびきには、特に心配のないいびきと、危険ないびきがあります
軽いいびきの場合は、周りの人に迷惑をかけるかもしれませんが、健康上で特に心配はありません

しかし、中には「睡眠時無呼吸症候群」という睡眠障害になっている方がいます
この病気は、寝ている間に、10秒以上の無呼吸の状態が1晩の内に30回以上も起きる病気です

この睡眠時無呼吸症候群の方は、大きないびきをした後に、急に息が止まって無呼吸の状態になります
そしてその後、「ヒュー」という空気が抜けたような音がしたり、「ググウググッ」というような大きないびきをかきます
無呼吸の時は、当然酸欠状態になりますので、動脈硬化や高血圧などの原因になります
また、心不全や脳梗塞などの大変な病気に至る場合もあるので、非常に注意が必要です

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved