寝室環境を見直してみましょう

快適な睡眠を得る為には、寝室の環境を睡眠に相応しく整えることが、とても重要です
周りがうるさかったり、明る過ぎたりすると、脳が刺激されて、うまく眠りに入ることが出来なくなります
また、暑すぎたり、寒すぎたりしても熟睡する事が出来ません
だから、部屋の温度や湿度に気をつける事も、安眠の為の重要な条件なのです

寝室は、1日のうちでもかなり長い時間を過ごす場所です
眠る為だけの部屋ですが、リラックス出来る空間にする為に、インテリアにこだわったり、部屋の雰囲気を工夫したりしてみて下さい
それだけで、安眠が出来る様になるかもしれません
 
夜間は生活音が少なくなるので、小さな物音でも寝付けない原因となります
外の騒音が気になる時は、窓を二重サッシにしたり、雨戸を閉めたり、カーテンを厚手のものに替たり、等の工夫をして、防音対策を心がけてください

家族で協力して寝室を快適な空間にする事が必要なのです
 
また、温度や湿度を適切に調整する事も大切です
理想的な室温は、夏は25℃前後で冬は15℃前後です
湿度は、季節を問わず50%程度が快適と言われています
エアコンの温度を調節する時の目安としては、冷房なら25~28℃で、暖房なら18~22℃です
ただし、冬は空気が乾燥しているので、暖房をずっとつけっぱなしにしないで、換気や保湿器などを利用して湿度を調整してください

この様に、寝室を工夫することによって、快適に眠る事が出来る様になります
寝室環境を見直して、自分が最も落ち着いて、リラックス出来る寝室にしてみてください

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved