睡眠障害による重大事故

睡眠不足は、重大な事故を引き起してしまう原因にもなりえます
アメリカのある報告では、1979年に起きた原発事故や、1986年のスペースシャトルの爆発事故 、そして同年に起きたチェルノブイリ原発事故という大事故の直接の原因は、関係者が睡眠不足であった事だと指摘しています

睡眠が不充分だと、集中力が欠けるので、とっさの判断力が出来なくなり、思いがけない失敗する事があります
電車やバスなどの運転手とか、機械を操作するオペレーターなどの場合は、人の命にかかわるケースもあるのです
重大な事故を起こさない為にも、睡眠についてはしっかりと認識しておかなければいけません

何種類かの調査の結果では、睡眠不足の人が交通事故を起こす確率は、十分に眠っている人に比べて2~3倍高くなっているとしています
また、アメリカでは睡眠障害が原因となって起きる交通事故などの経済的損失は、年間460億ドルにものぼるようです
たかが睡眠不足だと軽視出来ない事が、この調査結果からもわかると思います

アメリカでは、人口の約15%にあたる4,000万人という多くの人たちが、睡眠に関して何らかの異常をもっています
この様な背景があり、アメリカでは「国立睡眠障害センター」が設立されました
このセンターは、睡眠についての研究や、一般の人々にも睡眠について理解してもらうような活動の拠点となっています
その他アメリカでは、24時間操業している工場等で働いている人々の健康を重視して、重大事故が起こらないように努めています

日本ではまだまだ、睡眠障害や不眠症は個人的な問題だ、と簡単に片づけられてしまうことが多いようです

しかし、社会に与える影響の大きさを考慮して、日本でも睡眠障害についてもっと考えなければいけないのです

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved