一過性の不眠について

不眠症は、一過性の不眠と慢性的な不眠に分けられます
一過性の不眠というのは、一時的なものの事で、数日から数週間程度続く程度で、長引かない不眠のことです
今回は一過性の不眠について整理してみます

一過性の不眠の原因は様々です

例えば、次のような原因が考えられます
・騒音や温度・湿度等による不快感などの環境的な要因によるもの
・時差ぼけに代表される睡眠時刻の変化によるもの
・家族の不幸等々、精神的に大きなストレスがかかったことによるもの
・入学試験や大事な会議などの緊張感によるもの

この様な原因つまり、気持ちが高ぶった時や気がかりな事がある時に一過性の不眠は起こります

眠れないという事はもちろん辛いと思いますが、自分でもその原因が分かっている事ですし、ほとんどが数日すれば解消するので、慢性的な不眠に比べれば、そんなに問題は無いと言えます

ところで、ストレスや気がかりな事があると何故不眠になってしまうのでしょうか?

人間は本来、生活のリズムが整っていれば、体内時計の働きによって、自然と決まった時刻には眠気を感じ、入眠することが出来るのです
ところが、心配事があったりすると、脳が覚醒し続けるように働いて、なかなか眠ることが出来なくなってしまうのです

どうしてそのような時には、脳は覚醒し続けようとするのでしょう

それは、私たちの祖先の生活に関係しているのです
まだ洞窟などで生活していた頃の私たちの祖先は、肉食動物に襲われるのではないかという危険と隣りあわせで生活していました
そんな環境の中では、ゆっくり眠っていられる訳はありません

その事から、自分の生命を守るために、心配事がある時には、脳が眠ってしまわないような仕組みを作りあげたのです
そのメカニズムが、現代まで残って働いているというのが真相のようです

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

お問い合わせ等はこちらからお願いします

Copyright © 2007 睡眠障害 原因と対策. All rights reserved